文剣連

文剣連

2022年12月27日火曜日

毎日レディース剣道大会

12月11日に行われま11毎日レディース大会のレポートをアップさせて頂きます。

12月11日「毎日レディース剣道大会」がおこなわれました。
結果は、残念ながら2チームともに1回戦敗退となってしまいましたが強豪チーム相手に文京区チームは素晴らしい試合をいたしました。

Aチーム(高山・隈部・木村) 対  鬼高

         1-1 1分け 代表戦
ご存知の通り昔から剣道界に名を轟かせている千葉の鬼高道場です。 1-1で代表戦となる。優勢に進んでいたが延長となり、再開後惜しくも敗退

Bチーム(荒井・相浦・中野) 対  岐阜わかくさ

            0 -1 2分け
相手は非常に選手層が厚く毎年の様に入賞する強豪チーム。3人とも相手にのまれることなく果敢に戦った試合でした。

非常にレベルの高い大会の中で各選手持てる力を十二分に発揮して見事な試合内容でした。
だからこそ悔しさを強く感じ今後の稽古への意欲を全員が口にしておりました。

以上

文京区合同稽古会

文京区都民大会選考会を兼ねまして、ジュニア育成事業として合同稽古会を開催いたします。

1.期日:令和5年2月5日、日曜日、午前の部小学生、午後の部中学生、高校生、大学生、一般
2.場所:湯島総合体育館(アリーナ)
3.参加資格:文京区在住、在勤、在学者および文剣連加盟団体所属の者
4.その他:参加費無料、午前の部は面をつける前の初心者も参加できます。

奮ってご参加下さい。

合同稽古会要項   申込書   体調確認書

2022年10月31日月曜日

9/4 小学生、中学生の文京区代表チームが「第55回少年大会 巣鴨学園剣道部創部100周年記念大会」に参加

[小学生] 監督 高橋 和法
先鋒 碓井 煌己(千剣会)
次鋒 福田 舶斗(文誠剣友会)
中堅 相浦  翼 (千剣会)
副将 平田 信弥(文誠剣友会)
大将 高橋 大喜(駒込警察署)

一回戦 〇文京区4-0あきる野市●
二回戦 〇文京区2-1山梨健心館●
三回戦 〇文京区2-1中央区●
準々決勝●文京区0-5鬼高剣友会〇(ベスト8)

十分なアップで試合に臨みました。
一回戦はあきる野市です。先鋒から三連勝で勝利。

二回戦は山梨健心館です。先に仕掛けて繋ぐことを意識しました。
先鋒は足を使って攻め続け二本勝ち、次鋒は良く粘って引き分け、中堅は常に先に仕掛け二本勝ち、
副将は先取されるも、闘志あふれる攻めで取り返し、引き分けて勝利を決めました。
強豪相手に一丸となり立ち向かった結果、選抜チームの潜在能力が一気に発揮できました。

三回戦は中央区です。先鋒は終始攻め続け二本勝ち。次鋒は先に入ることを意識して終盤に先取し、一本勝ち。
中堅、副将引き分けて勝利を決めました。

準々決勝は鬼高剣友会です。実力差が大きく先鋒から大将まで何もできずに負けてしまいました。
強豪チームの気合、攻め、打った後気を抜かないところ、相手の隙を逃さないところが勉強になったと選手たちが感想を述べていました。

結果はベスト8です。
ここ数年の文京区チームでは最高の成績ではないでしょうか。
試合を重ねるごとに一人ひとりの成長と一体感が出て、非常に良い経験になりました。

[中学生]

監督 大山 昌彦

先鋒 伊藤 豪紀(大塚警察署/竹早中)
次鋒 田中遼(千剣会/文林中)
中堅 大山 慧祐(文誠剣友会/文京九中)
副将 奥村 拓眞(茗台中)
大将 渡辺 匠 (大塚警察署/音羽中)

一回戦 シード
二回戦 〇文京区 2-1 青梅市●
三回戦 ●文京区 1-2昭島中央剣友会〇(ベスト16)

今大会は、前大会小学生チームの代表3名に、区大会個人上位の2名を加えたメンバーで臨みました。

一回戦は強豪の青梅市戦。先鋒は常に攻める姿勢を崩さず、落ち着いて二本勝ちをおさめました。
次鋒、中堅で本数差を保ち副将へ。副将はしっかりと好機を捉え二本勝ちをおさめ、チームの勝利が決まりました。

二回戦は前回優勝の昭島中央剣友会。中堅が欠場するというアクシデントに見舞われるも、4人でも大将につなぐことを目標に、試合に臨みました。
 先鋒は相手に惑わされることなく引き分け。次鋒は相手に飲まれることなく積極的に前へ出るも一本負け。  中堅までで二勝のリードを許す苦しい展開となりましたが、副将が相手の動きを冷静に捉え、鮮やかな二本勝ちをおさめ、大将に繋ぎました。
 大将は果敢に攻めるも、惜しくも引き分けとなりました。

結果はベスト16です。異なる所属の混成チームでしたが、以前大会に参加した3年生が先頭に立ってチームをまとめてくれました。

コロナ禍にあっても、区内では選手選考に悩むぐらい力のある小中学生の剣士が増えてきました。来年新たなメンバーを加えた代表が、今年以上の成績を残すこと、期待せずにはいられません。剣連として今後もこどもたちの育成、強化につとめていきたいと思います。

最後になりましたが、試合の準備にあたり、多くの方々からのご協力を賜りました。品川区剣道連盟様、京華学園剣道部様、学習院剣道部様、文林中学校剣道部様には、合同練習、練習試合をさせていただきました。また、区の水曜日稽古会にご参加の先生方には、快く練習スペースを提供していただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。

2022年9月2日金曜日

第69回文京区民剣道大会のお知らせ

2022年10月23日に開催する、創立70周年記念、第69回文京区民剣道大会の要項をアップいたします。
茗荷谷のスポーツセンター(アリーナ)で行います。
文京区体育協会とも連絡をとり、現時点では、新型コロナウイルス感染拡大防止に最大限の配慮を 行う中で開催することを確認しております。
オミクロン株の感染が未だ収まらず、今後の状況は不確定ではございますが、体育協会と相談を行い ながら臨機応変に対応してまいります。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参加者の皆様には、日頃の体調管理を今まで以上に厳密に 行っていただく必要がございます。2週間前からの検温と実施後2週間後までの体調管理が求められております。 当日は、感染防止対策チェックリストに基づく行動と、体調確認書の提出を入場に際して義務付けております。 事前に参加者に配布し、各人ごとに記入しご持参ください。
参加申込人数によっては、三密を回避するため、施設の利用人数制限のため、参加者、引率の先生方以外の 見学者の入場を制限する場合がございます。ご理解とご協力をお願いいたします。

試合にあたっては、面マスク等とマウスシールドの着用を義務付けております。
マウスシールドを当日忘れられた方は参加できませんので、ご注意ください。

エントリーにあたっては、転記ミスの防止をはじめ事務負担軽減のため、エクセルシートでのお申し込みおよび 振込方法ルールの徹底をお願いします。
参加団体は、係員派遣に最大限ご協力をお願いいたします。

要項   申込書   感染防止チェックリスト  体調確認書   審判係員推薦書

2022年5月8日日曜日

6/26 四区合同稽古会のお知らせ

6月26日に、文京区湯島総合体育館で四区合同稽古会が開催されます。
文京区での開催ということもあり、より多くの先生方のご参加をお待ちしております。


  要項    参加者確認票

文京区級審査会開催についてのお知らせ

6月26日に湯島の総合体育館で開催予定の級審査会要項をお送りいたします。
文京区では、小学4年生3級からの受審を奨励しております。3級から2級へ、そして段審査の条件となる1級受審へと、毎年目標をもって着実に稽古を継続できるようご配慮いただければ幸いです。

新型コロナウィルス新規感染者数が大きく減少することはなく、先行きは不確実な状況となっていますが、現時点の判断として、予定通り開催することとしご案内させていただきます。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、また、施設の定員制限により、受審者の数によっては、引率の先生方及び受審者のみとし、見学者の入場を制限する場合があります。
 ご理解とご協力をお願いいたします。

なお、文京区では木刀による剣道基本技稽古法の審査の前の、控え室での木刀による稽古を禁止することにいたしました。
審査日までに各団体において十分に基本技稽古法の稽古を行ってくるよう、ご指導のほどお願いいたします。

 審査当日、受審者確認票の提出を入場に際して義務付けております。事前に受審者に配布し、各人ごとに記入しご持参ください。

実技審査にあたっては、面マスク等とマウスシールドの着用を義務付けております。マウスシールドを当日忘れられた方は受審できませんので、ご注意ください。
 木刀による剣道基本技稽古法の審査については、面マスク等の着用が必要となります。つばぜり合いを避け、マスク着用にあたっては鼻だしを禁止する運用といたしますので、ご指導よろしくお願いいたします。


  要項   受審者確認票   審査料   級審査申込書


*申込書や審査の名簿などExcel形式の書類は、開いて上段にある「ファイル」のタブからダウンロード、Excel形式.xlsを選択してからご利用下さい。

5/22三段以下審査会付き添い者・見学者について

5月22日浜町の体育館にて中央区・文京区合同の三段以下審査会が開催されます。
中央区が31名、文京区が66名、総勢97名の審査会となります。
今回主管の中央区剣道連盟より、付き添い者並びに見学者の審査会場への入室を制限する旨連絡がありました。
添付資料をご確認ください。

引率の先生方も、控室の第一武道場および審査会場の第二武道場への入場ができません。 武道場の入口の外から見学することはできるという運用となります。

コロナ禍の中、地下の道場という事情もあり、コロナ感染症拡大予防の為、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

   添付資料